そもそも広島県ってどんな街?

広島県は日本の中国地方に位置する県で、瀬戸内海に面しています。県庁所在地は、広島市です。面積は約8479平方キロメートルで、人口は約282万人です。広島といえば、原子爆弾を落とされたことで有名な地域で、そのシンボルとして原爆ドームが保存されています。名産は牡蠣などがあります。

 

ランキング一位:湯来温泉

湯来温泉は、打尾谷川沿いに湧く古湯で、広島の奥座敷として親しまれています。この温泉は傷ついた白鷲が傷を癒しているところを見た村人が発見した温泉と言われています。昭和30年になると国民保養温泉地に指定されて、宮島、呉、岩国、広島などへの観光基地として利用されています。アクセスは、JR山陽本線の五日市駅からバスで1時間10分ほどです。

 

ランキング二位:鞆の浦温泉

鞆の浦温泉は、平成14年に誕生した比較的新しい温泉です。もともと鞆の浦は、万葉の昔から潮待ちの港として栄えていて、多くの文人墨客が訪れました。今も江戸時代の風情を残している街並みが広がります。アクセスはJR山陽新幹線の福山駅からバスにて34分です。

 

ランキング三位:君田温泉

君田温泉は、静かな山の中にある温泉で、四季折々に変化する景色が楽しめます。道の駅の中にも宿泊施設があります。アクセスはJR芸備線の三次駅からタクシーにて約20分です。

 

ランキング四位:宮浜温泉

宮浜温泉は、神を祀っている島である宮島に見守られているかのような立地で、宮島観光の拠点としての宿泊先としてもオススメです。温泉はラドンを含有しているため幅広い効能を持ちます。アクセスは、JR山陽本線の大野浦駅からバスで12分です。